本文へスキップ

月山ジオパーク推進協議会は月山の周辺5市町村の関係団体、関係機関により構成されています。

TEL. 0237-74-2112

〒990-0702 山形県西村山郡西川町大字海味510(西川町役場政策推進課内)

取組みACTIVITY


普及活動

ワークショップ・学習会・シンポジウム

月山ジオパーク推進委員会では、「ジオパーク」という制度の周知と月山地域の魅力を再発見してもらうことを目的とし、講演会やシンポジウム、ワークショップなどを精力的に実施してきました。


ワークショップ・学習会・シンポジウム:開催記録(のべ100事業の展開を実施)

講師やアドバイザーには、山形大学地域教育文化学部 八木浩司教授をはじめ、日本ジオパーク委員会委員 中川和之氏、NPO法人 元気まち・ネット(東京都墨田区) 代表理事 矢口正武氏、同理事 佐野千晶氏、湯沢市ジオパーク推進協議会 事務局 沼倉誠氏など、月山地域内外から知識、経験の豊富な講師を招聘し、興味のある方たちに対し、最新そして幅広くジオパーク活動について学ぶ機会を提供してきました。これらには、月山について講習会等で勉強を重ねてきた月山マイスターも多数参加しており、将来のジオパーク活動において中心的役割を担ってくれるものと期待が持てます。


ワークショップ・学習会・シンポジウム

ワークショップでは、地域住民が自分たちが暮らす地域の魅力や特異性を理解し、地域の誇りは何か、どのようなことを発信していきたいかなどを考えるために、ジオサイトの抽出や、ジオツアーの企画も自分たちで構成してもらいました。ここで立案されたツアーは、フィールドワークの一環として実施し、立案者たち自らが大地の成り立ちを知る重要なサイトや地域が誇るポイントをジオの視点でめぐりました。


ワークショップ・学習会・シンポジウム

これらには幅広い地域の方々が積極的に参加しており、平成27年12月に開催した全体ワークショップでも80名もの参加者が熱い議論を交わすなど、盛り上がりを見せています。各々において、地域の人々が月山地域の魅力を再発見し誇りを感じるという成果が見られ、当初の周知、興味の喚起という目的は達成しつつあるといえます。


ガイドマップ・パンフレット

月山地域には古くから根付く山岳信仰、著名な文学者などが訪れた多くの観光地、国立公園に指定されるエリアなど、さまざまな観光資源があることから、数多くの観光用ガイドマップやパンフレット、啓発を目的とする紙媒体が用意されています。中には、山形大学月山マイスターが作成し地形や地質の観点から月山の美しい景観やその成り立ちを説明した『月山の意味』や、同マイスター講座で使用した資料など、既存のものも活用しながら、ジオストーリーに根ざした新しい視点からのガイドマップ、パンフレットの作成に取り組んでいます。


各種啓発資料作成

企画展・プロモーション


月山ジオパーク構想の普及活動として、さらに多くの人に月山ジオパークの取り組みを周知するため、庄内空港では月山ジオパークの企画展を実施、山形市や天童市の大型商業施設では、家族連れにも興味を持ってもらうためのフィールドプロモーションなども実施しました。

普及活動は山形県内に留まらず、首都圏の主要なターミナル駅の構内液晶ディスプレイを使った広報や、国内在住外国人、海外からの旅行者を対象にした総数1,000人規模のモニターツアーやインバウンド対応のジオツアーを実施しています。

企画展・プロモーション

ジオガイドの養成

山形大学による社会教育事業および地域連携事業として「月山マイスター養成講座」が平成23年度から実施されてきました。これは、月山の自然環境、歴史・民俗について科学的な視点から外に伝えることのできるインタープリター育成を目指した教育プログラムで、これまでに月山マイスター(初級:100名以上、中級:20名)が誕生、今年度はついに上級者3名が誕生しました。27年度は、7回開催したこの講座を月山ジオパークのガイド養成講座とも連携したため、ジオパークのガイドに興味のある方、今後ガイドとして自立を目指したい方などが第1回から40名以上の参加がありました。

また、山形大学コンソーシアムで行われた山形夜話は、雪が降り積もる中多くの参加者が集まり、地域住民のジオパークへの期待を窺わせました。今後、ガイドの組織化や資格検定、ガイド能力の向上にかかる体制を整備していく計画です。


ジオガイドの養成

学術連携(大学)

山形大学を中心に学術的な連携や協力体制構築も、積極的に進めています。

ジオツアーの検討・実施

ジオツアーの検討・実施

ジオツアーについても企画・検討を重ね、2016年3月には大規模なジオツアーを企画・実施して、加速度的にノウハウを集積しているところです。


ジオツアーの検討・実施


実施記録

総会

  1. 2016年3月19日 総会(西川交流センターあいべ)

会議等

  1. 2015年4月30日 第1回事務局会議
    (西川町役場第2庁舎第1会議室)10名(アドバイザー、事務局)

    (1)今年度の事業計画及び予算の確認について
    (2)来年度に向けての課題について

  2. 2015年6月5日 第1回幹事会
    (西川町役場第2庁舎第1会議室)8名(事務局)

    (1)今年度の事業計画及び予算の確認について
    (2)来年度に向けての課題について

  3. 2015年7月3日 第2回事務局会議
    (鶴岡市羽黒コミュニティセンター)12名(アドバイザー、事務局、中央開発㈱)

    (1)ジオパーク・ジオサイトについて(中央開発㈱)
    (2)ジオサイト候補地について
    (3)ワークショップについて

  4. 2015年9月24日 第3回事務局会議
    (戸沢村役場3階301会議室)6名(事務局)

    (1)テーマについて
    (2)広告媒体について
    (3)今後の予定について

  5. 2015年11月6日 第4回事務局会議
    (西川町役場本庁舎3階第1・2会議室)18名(アドバイザー、事務局)

    (1)今年度の事業展開について
    (2)来年度事業計画及び予算概案について
    (3)地方創生タイプⅠ採択事業について

  6. 2015年11月6日 第2回幹事会
    (西川町役場本庁舎3階第1・2会議室)18名(アドバイザー、事務局)

    (1)今年度の事業展開について
    (2)来年度事業計画及び予算概案について
    (3)地方創生タイプⅠ採択事業について

  7. 2015年11月12日 第1回インバウンドツアー事業実施調整会議
    (西川町役場本庁舎3階第1・2会議室)16名(事務局、KNT東北)

    (1)月山インバウンドジオツアーについて

  8. 2015年12月4日 第2回インバウンドツアー事業実施調整会議
    (西川町役場本庁舎3階第1・2会議室)15名(事務局、KNT東北)

    (1)月山インバウンドジオツアーについて

  9. 2015年12月4日 第5回事務局会議
    (西川町役場本庁舎3階第1・2会議室)17名(アドバイザー、事務局、KNT東北)

    (1)全体ワークショップ内容について
    (2)ガイド養成講座について
    (3)月山ジオガイド認定について
    (4)必要物品について
    (5)その他

  10. 2016年1月22日 第6回事務局会議
    (西川町役場本庁舎3階第1・2会議室)19名(アドバイザー、事務局、中央開発㈱)

    (1)月山ジオパーク構想における基本的な指針について
    (2)1/30(土)シンポジウムの対応について
    (3)情報発信について
    (4)来年度予算財源について

  11. 2016年1月22日 第3回インバウンドツアー事業実施調整会議
    (西川町役場本庁舎3階第1・2会議室 17名(アドバイザー、事務局、KNT東北)

    (1)月山インバウンドジオツアーについて
       ・手配状況及び集客状況の報告
    (2) ジオガイド(スルー&スポット)の流れについて
    (3)各自治体体験事業内容について
    (4)インバウンド受入機関オリエンテーションについて
    (5)ツアー初日のレセプション対応について
    (6)各市町村における受入整備費の活用について
    (7)プロモーションの展開について

  12. 2016年3月17日 第3回幹事会
    (西川町第2庁舎第3・4会議室)10名(幹事・事務局)

    (1)インバウンド実施状況について
    (2)総会について
    (3)その他

  13. 2016年3月17日 第7回事務局会議
    (西川町第2庁舎第3・4会議室)10名(幹事・事務局)

    (1)インバウンド実施状況について
    (2)総会について
    (3)その他


学習会等

2015年8月6日
西川町机上ワークショップ(西川交流センターあいべ)16名
2015年8月20日
庄内町机上ワークショップ(庄内町立川庁舎)42名
2015年8月24日
戸沢村机上ワークショップ(戸沢村役場3階301会議室)24名
2015年9月2日
大蔵村机上ワークショップ(大蔵村肘折いでゆ館)33名
2015年9月9日
西川町フィールドワーク(西川町)27名
2015年9月16日
庄内町フィールドワーク(庄内町)34名
2015年9月25日
戸沢村フィールドワーク(戸沢村)20名
2015年9月29日
鶴岡市机上ワークショップ(鶴岡市)22名
2015年10月2日
大蔵村フィールドワーク(大蔵村)20名
2015年10月9日
鶴岡市フィールドワーク(鶴岡市)28名
2015年12月21日
全体ワークショップ(庄内町響ホール)86名
2016年1月30日
シンポジウム(鶴岡市羽黒コミュニティセンター)93名
2016年3月19日
月山ジオツアーフォーラム(西川交流センターあいべ大ホール)

ツアー及びプロモーション

  1. 2016年2月28日~3月13日 海外対象ツアー 218名
    (対象:台湾・中国・台湾・タイ・韓国・ベトナム)

    全8コース:鶴岡市・庄内町・西川町・大蔵村・戸沢村

  2. 2016年2月27日~3月6日 留学生対象ツアー 288名
    (対象:東北圏域在日外国人)

    全7コース:鶴岡市・庄内町・西川町・大蔵村・戸沢村

  3. 2016年2月16日~3月14日 日本人向けツアー 480名
    (対象:日本人)

    全21コース:鶴岡市・庄内町・西川町・大蔵村・戸沢村

  4. 2016年2月21日 プロモーションイベント(イオンモール天童)

  5. 2016年2月28日 プロモーションイベント(イオンモール山形南)

  6. 2016年2月29日 プロモーションイベント(イオンモール山形南)

  7. 2016年2月16日~ 首都圏及び各地プロモーション JR東日本首都圏駅構内及び各地


ガイド養成講座

  1. 2015年12月19日 第1回ガイド養成講座 57名
    (山形大学地域教育文化学部2号館3階自然科学多目的第2実験室)

    ①『月山の土台としての出羽丘陵のでき方とユーラシア大陸からやってきた花崗岩について』
    ②『月山火山の形成とその後』
    ③『月山の地形と暮らしの関係について』

  2. 2016年1月6日 第2回ガイド養成講座 33名(大学コンソーシアムやまがた除く)
    (ゆうキャンパス・ステーション)

    ④『月山の地形と景観を読み取ろう』

  3. 2016年1月13日 第3回ガイド養成講座 27名(大学コンソーシアムやまがた除く)
    (ゆうキャンパス・ステーション)

    ⑤『文学者の‟月山”-山形県出身者篇 周平と茂吉』

  4. 2016年1月20日 第4回ガイド養成講座 29名(大学コンソーシアムやまがた除く)
    (ゆうキャンパス・ステーション)

    ⑥『月山と自然災害』

  5. 2016年1月23日 第5回ガイド養成講座 60名
    (戸沢村中央公民館大会議室)

    ⑦『月山の植生と植物』
    ⑧『月山の土台としての出羽丘陵をつくる地層について』
    ③『月山の地形と暮らしの関係について』

  6. 2016年1月27日 第6回ガイド養成講座 24名
    (ゆうキャンパス・ステーション)

    ⑨『月山と火山』

  7. 2016年2月6日 第7回ガイド養成講座 51名
    (山形大学農学部102号室)

    ⑩『出羽三山の歴史と三山信仰』
    ①『月山の土台としての出羽丘陵のでき方とユーラシア大陸からやってきた花崗岩について』
    ③『月山の地形と暮らしの関係について』


JGN関係

2015年5月18日
第4回東北ジオパークフォーラムに関する担当者打ち合わせ会
(岩手県民情報交流センター7階岩手県立大学会アイーナキャンパス)1名(事務局)
2015年5月22日
第6回日本ジオパークネットワーク全国研修会
(コレド日本橋5階)1名(事務局)
2015年5月23日
第23回日本ジオパークネットワーク加盟申請プレゼンテーション
(幕張メッセ国際会議場3階301会議室)5名(事務局)
2015年8月28日
東北ジオパークフォーラム
(岩手県久慈市)5名(事務局)
2015年10月27日-29日
日本ジオパーク全国大会
(鹿児島県霧島市)5名(事務局長・事務局)
2016年1月28日-29日
東北ジオパーク合同勉強会
(遊佐町)5名(アドバイザー・事務局)

バナースペース


月山ジオパーク推進協議会
(西川町役場 政策推進課内)

〒990-0702
山形県西村山郡西川町大字海味510番地

TEL 0237-74-2112
FAX 0237-74-2601